ベタガードってなんだ?

ハンドクリーム・ベタガードの特徴・使い方・歴史

ステロイド非配合

ステロイド非配合


ステロイドホルモンは人の体内(とくに副腎皮質)で生合成され体内に生理的な変化を起こさせるホルモンとして働きます。

医薬品としてのステロイドは化学的に合成された成分で、強力な抗炎症作用とアレルギー反応を弱める働き(抗アレルギー作用)があります。


ステロイドの劇的な効果と副作用


ステロイドの効果は絶大で即効性があり、人類の皮膚を守り続けている貢献ははかりしれません。

しかし、魔法の薬ゆえに使い方を間違えると重大な副作用を招きます。外用として皮膚に塗布されるステロイドは、内服(飲む)の場合と比較するとリスクは低くなります。

しかし、長期間の使用は、そもそもステロイドの効果が薄れるとという副作用があります。

それ以外、よく知られている副作用には、感染性リスクの増大・骨粗鬆症・糖尿病・高血圧・白内障などがあります。

非適切なステロイドの使用(一般にレベルが高いグレード・過剰投与・長期間投与)は、一般に人の免疫系システムを撹乱するリスクがあると言われます。


ステロイドの安易な使用はリスクが高い


人の免疫システムとは、病原菌や毒性・刺激性のある侵入者を捕捉・攻撃・殺菌・無毒化するための体内の防衛システムです。

免疫システムが乱れるとアレルギー反応をはじめ、免疫力低下に伴う多種多様の副作用を起こす可能性があります。

そのためステロイドの使用は、一般に医師の管理下で行われることが普通です。一般に内服なしの外用のみで、しかも顔などは避けて使用します。

短期間の投与が望ましいとされ、長期間の投与が必要な場合は、さまざまなリスク対策と同時に医師による処方が施されます。


ベタガードは、ステロイド非配合


ハンドクリームにステロイド剤を配合すると手湿疹・手荒れに対して劇的な効果が期待できます。

また、実際、無許可でステロイドを配合したハンドクリームが市販されるといった事件も発生しております。

ベタガードには、いかなる種類のステロイドも配合されていません


ひどい手湿疹・手荒れはお医者さんへ


あかぎれやひび割れが進んだ手湿疹・手荒れは、通常のハンドクリームのレベルを超えており、病院にて医師による治療をオススメします。

(2018-07-19)
<薬効がないワセリン | シリコン非配合(ノンシリコン)>
page top:▲