ベタガードの特徴


薬効がないワセリン
category: 特徴・効能

薬効がないワセリン


ベタガードの主成分はワセリン。ワセリンは、病院の皮膚科でもっとも多く処方される成分の一つ。

しかし、ワセリン自体には何の薬効もない。


薬効がないワセリンの実力!


病院で処方されるため、「医薬品としての医薬的な効果がある」と誤解されているが、薬効はいっさいない。

むしろ、その逆で、他の成分と反応しない・皮膚に何の影響を与えない安定した性質が特徴。

だから、皮膚を安全かつ強力にガードする。


人の治癒力をサポートするワセリン


安全で強力にガードされた皮膚は、その人が持つ本来の治癒力を引き出する。

ワセリンが手荒れを直すのではなく、その人自身が自分の力で治癒することを手助けする。


ベタガード、パワフルなベタベタが皮膚をガード


しかし、ワセリンはその強力なベタベタ感がとっても使いに。

そこがハンドクリーム基剤として人気がない理由となっている。

ベタガードは、ワセリンをサラサラ・ソフトに、そしてクリーミーに練り上げたワセリン・クリーム。

水・刺激・乾燥からがっちり手をプロテクトする。



(2017-07-28)

TOP