ベタガードってなんだ?

ハンドクリーム・ベタガードの特徴・使い方・歴史

ハンドクリームの二大タイプ




ハンドクリームの二大タイプ


ハンドクリームには、大きく2つのタイプがあります。


  • 乳化タイプ(白いクリーム状基剤)のハンドクリーム

  • ワセリンをベースとしたハンドクリーム



市販されている多くのハンドクリームは乳化タイプ。乳化タイプは、通常、水とオイルを混ぜ合わせて作ります。

乳化とは、水と油のように本来、混ざり合わないものに乳化剤を添加して、撹伴(かくはん)などによって、油成分を微粒子化し液体に均一に拡散させる行為を言います。英語では「Emulsion、エマルション」。


乳化タイプのメリット


テクスチャの良さです。オイルに水分が加わることで、何か問いベタつきやすいオイルが、比較的簡単に肌の上で伸び、またお肌に浸透しやすいためなじみやすいというメリットがあります。


乳化タイプのデメリット


水に弱いこと。ハンドクリームは水仕事の多い手にオイルの被膜を作りお肌を守るミッションがあります。

しかし、乳化タイプのハンドクリームは、もともとがオイルと水で作られているため、流れる水とともに手から簡単に離脱する傾向があります。
乳化タイプクリームは、水になじみやすく溶けやすいという性格によると思われます。


水仕事にはワセリンタイプがオススメ


一方、皮膚関連トラブルで世界中でもっとも多用されるワセリンは、伸びや馴染み感劣る一方、皮膚を強くガードする点では圧倒的な強さ。水仕事が多い手にはワセリンタイプがオススメです。


乳化系 vs ワセリン


乳化系とは?・・・乳化系クリームとは、マヨネーズのように水とオイルを混ぜ撹拌することで白くクリーム状になった物質全般を指します。

水分と油が適度に混じり合うため、油の保湿力と水分のテクスチャのよさが特徴です。


ワセリンは?


ワセリンは、原油から精製分離された純粋な炭化水素の固まりで、水分の含有率は限りなく0%。

水分透過率もほとんどなく、皮膚表面からの水分蒸発を強力に防止します。


乳化系 vs ワセリン


【乳化系クリーム】
・お肌への吸収率 → ある程度皮膚に吸収されやすい
・水分透過率 → ある程度高く、水分蒸発が起こりやすい(保湿力が弱い)
・皮膚バリアー保護力 → 中
・皮膚を水仕事から守る耐水性 → やや弱い
・感触・テクスチャー → 比較的さらさら感があり良好


【ワセリン】
・お肌への吸収率 → ほとんど皮膚に吸収されないが、お肌に馴染んでとどまる(そして、自然剥落)
・水分透過率 → ほとんどないので、水分蒸発が起こらない(保湿力が高い)
・皮膚を水仕事から守る耐水性 → 強い
・皮膚バリアー保護力 → 高い
・感触・テクスチャー → ベタベタ感があり使いにくい

それぞれに長短がありますので、特徴をよく理解して、賢く使い分けしたいですね。


ハンドクリーム比較


市販されている一般的なハンドクリームは、水とオイルなどを混ぜ合わせた乳化タイプの方が、人気があります。人気の理由はベタ付き感の少なさではないしょうか。


乳化系クリームのメリット・デメリット


乳化タイプのハンドクリームのメリットは、使用感(テクスチャ)に優れますが、反面、デメリットとして水仕事に弱い性質があります。

また、本来混じり合わない水とオイルを混ぜ合わせるために成分として界面活性剤(サーファクタント)を配合する必要があります。


ワセリンのメリット・デメリット


ワセリンはその逆です。デメリットとしてべた付き感があり使用感(テクスチャ)が悪いのですが、水仕事には強い。

徹底的に非水溶性です。また、水と乳化させる必要がありませんので、界面活性剤(サーファクタント)も不要です。


ワセリン vs 乳化系クリーム比較表








(乳化系クリーム) サラサラでテクスチャがよい 水仕事に弱い界面活性剤の配合基剤臭があるので香料でマスキング
(ワセリン系)ベタベタでテクスチャが悪い 水仕事に強い刺激が少ないワセリンは無味無臭



ベタガードのコンセプト


ベタガードは、ワセリンの最大の武器「水仕事に強い性質」をそのままにテクスチャを改善した製品です。

水・刺激・乾燥からがっちりと手・皮膚・お肌をプロテクトします。

(2018-07-19)
<水仕事に強いベタガード | 薬効がないワセリン>
page top:▲