ベタガードBlog

ベタガードの特徴・使い方・歴史

(32) ホホバオイルの特徴

ホホバオイルの特徴


非常の広範囲な用途に使えるオイルです。スキンケア・ヘアケア・傷治療(キズやヤケドの医薬品)・マッサージオイル・精油を溶かすキャリアオイルなど。


ホホバの木はどんな木?


ホホバは、米国・アリゾナ州の砂漠地帯が原産地と考えられています。

ホホバオイルは、西部アメリカのネイティブ・アメリカンに伝統的に利用されてきたオイルで民族療法的な医薬品として抜群の実績があります。

ホホバは、樹高1-2Mの灌木状のツゲ科多年草の樹木です。厳しい砂漠を生き抜くために根は5Mにもなり、表面はワックスで覆われ水分の蒸発を防止しています。

2年間雨が降らない状態でも生き延びれると言われているタフな植物です。種子には、液体ワックスが54%(出典Wikipedia)含まれているそうです。凄いですね!

雄株・雌株に別れ風を媒体に受粉が行われ実を付けます。ホホバの木は、樹高1-2m程度の灌木状樹木です。

雄株と雌株に分かれており(雌雄異株)、春になると花を付け(9月に開花する地域もあり)、風で花粉が運ばれます。

このような性質を最大限に利用するためにプランテーションでは、雄株と雌株を交互に植えます。

ホホバオイルの最大市場は、化粧品業界です。インターネットで「ホホバオイル」というキーワードで検索すると、ほぼ化粧品に関連したサイトです。当社もそうですね。


特筆すべき特徴


ホホバオイルの特筆すべき特徴は、その抜群の抗酸化力人の皮脂と大変似ている点です。

(2017-07-28)
<(33) 人の皮脂に近い成分 | ベタガードのテーマソング>
page top:▲