開発日誌 (~2012年)


男性用ハンドクリーム

男性用ハンドクリーム


冬場、日本の女性のハンドクリーム利用率は、おそらく90%以上では。

一方、男性は習慣上もともと水仕事が少なくまた皮脂量も女性より多いため手荒れに苦しむ割合は少なく、女性より大幅に低いと考えられています。

しかし、近年、男性用ハンドクリームが市場では活況を帯びてきています。


皮脂量が女性より多い男性


男性の皮脂量は、女性の2倍~3倍とも。

正確に測定されたデータを見たことないので、なんとも言えませんが、男性の方が、かなり多いことは日常的に体験することです。

女性は20代を境に皮脂分泌量が減少します。

男性も減少傾向にあるものの、女性よりも緩やかな減少です。


それでも乾燥気味の男性


もともと皮脂が女性よりも多く分泌する男性は、皮膚の乾燥を実感する機会が多くありませんが、手のひらには皮脂腺が存在せず、案外乾燥気味の男性は多いと思われます。


スマホ普及で乾燥肌に気づく男性達


近年スマートフォンの普及で、タッチパネルが乾燥で反応しにくくなるなどの現象を通して、手が乾燥していることを実感する男性が増えているようです。

それに伴い男性用ハンドクリームの売上げも拡大傾向にあります。


ハンドクリーム、男性用と女性用の違い


成分的な違いはほとんどありません。基本的に同じです。

男性の好みとして、清涼感やクール感を好む傾向にありますので、少量のカンファーやメントールなどを持たせたものがあります。

配合する香料や香りも男性好みのさっぱりしたメンズライクな香りが配合される傾向になります。

また、マーケティング的に「男性用」をアピールするため、力強いデザインのパッケージが特徴です。


男性用ハンドクリームの特徴



  • 男性用・女性用の成分的な違いはほとんどない
  • 男性的なデザイン、男性が好むパッケージ・容器
  • 男性が好む清涼感・クール感・テクスチャーの強調
  • 男性が好むサッパリ系の香り




(2010-04-01 08:30:12)

TOP