開発日誌 (~2012年)


(5) 尿素のGoodとBad
ハンドクリーム成分としては非常に有名な尿素ですが、賛否あります。

なぜ尿素は、愛され、そして嫌われるのか。


オシッコと関係が?・・・


尿素は文字通り尿に含まれる成分です。

体内の余分な窒素成分を排出するために生成されるものです。

体内では下記の化学変化(尿素回路)が起きており尿とともに体外に排出されます。

[窒素] → [アンモニア] → [尿素]

アンモニアのままで体外に排出できない理由は、それは生体に危険な物質だから。

動物によっては、アンモニアのまま、あるいは、鳥類など尿素からさらに「尿酸」にまで精製して排出する動物もいます。

人では尿酸は通風の原因になる恐ろしい物質です。

尿素は、オシッコに含まれるため、アンモニアのあのオシッコ臭を想像しますが、純粋な尿素は無色無臭です。


オシッコから精製されるわけでない尿素


なお、化粧品や医薬品に使用される尿素は、オシッコから精製されるわけでない。

化学的の合成されたものです。


尿素がハンドクリームに多用されるメリット


尿素がハンドクリームの成分として利用される理由は、2点。

(1)皮膚の角質などカサカサ部分をツルツルにする
 ・・・余分な角質などと溶かしてくれるピーリング効果

(2)保湿作用
 ・・・お肌に潤いを与える


尿素のピーリング効果


尿素は、角質などをや柔らかくする成分。

タンパク質を溶かす作用があるためです。

タンパク質はアミノ酸が連鎖(ペプチド結合)してできる物質ですが、その結合を分解する働きがあります。

これは逆に言えば、肌の表皮を傷つけることでもあり非常に危険な物質とも言えます。

そのためスキンケアにとって尿素に否定的な意見を抱かれている先生方も少なくありません。

たとえば、夏井睦氏のサイト「新しい創傷治療」には、否定的な見解が書かれています。



(2012-03-29 14:46:44)

TOP