開発日誌 (~2012年)


化粧品下地として?
ワセリンは、基礎化粧品のクリームの代用として使用することができます。とはえい、日常的にワセリンを基礎化粧品として使用している方は多くないと思われます。保湿効果は、超抜群ですが、ちょっとヘビーですので。


(1)基礎化粧品としてのワセリン


一般的な基礎化粧品は下記の3ステップで行われます:

・化粧水(ローション)
・乳液
・クリーム

基礎化粧品の考え方は、お肌への水分補給とその維持(つまり、保湿)。よって、強力な保湿効果が必要な場合は、クリームに代えてワセリンを使用すると効果的です。


(2)日焼け止め


紫外線は、体内でのビタミンD生成を促進します。ビタミンDは抗ガン作用などメリットが大きいのですが、一方で紫外線はお肌の老化も促進する作用があり美容に敏感な方には避けたい刺激です。

ということで昨今、日焼け止め化粧品も日常的に使用されている方も少なくありません。基礎化粧品に日焼け止め成分が含まれているものもありますが、個別に使用する場合は、「基礎化粧品 → 日焼け止め」の順で塗ります。


(3)ファンデーション


最後の仕上げは、メイクアップ。ファンデーションは、「基礎化粧品 → 日焼け止め → ファンデーション」の順で塗ります。


ワセリンは化粧品下地として使える(でも重い)


これだけのフルコースを手間暇かけて行う女性が多いかどうか不明ですが、とりあえず、ワセリンがメイクアップの化粧下地になりうることは事実です。

そこで、知人の女性に聞いてみました:


Q:ワセリンを「化粧下地」として使用するか?

A:可能と思います。「化粧下地」→「日焼け止め」→「ファンデーション」の順番でお化粧します。ワセリンはクリームと同じような位置かと思います。ワセリンを化粧下地として使用する場合、日焼け止めはワセリンの前でも後でも使用感の良い方で行います。

Q:化粧水・乳液の上にワセリンを塗布、というのは心情的にありでしょうか?

A:ワセリンはクリームと同じような位置かと思いますので化粧水→乳液→ワセリンは、ありです。ただし、わたしがワセリンを顔に使用していた時は化粧水も乳液も刺激があって使えず、ワセリンのみを使い、乾燥・外からの刺激を防いでいました。ワセリンを顔にと考える方はどちらかというと肌のトラブルをかかえた方が多いという印象があります。化粧水→乳液→ワセリン、塗りすぎでは!?と個人的にには思います。



(2009-01-24 07:51:11)

TOP