開発日誌 (~2012年)


ワセリンの添加物、BHT
●ワセリンの添加物として多用されるBHT
ワセリンには、BHTという成分が配合される場合があります。

酸化防止を目的として、ワセリンの生成工程、もしくはワセリン生成後に添加されるケースが多いようです。

私は使ったことがなく、どんな成分なのかわからない。


●BHTとは?
BHTとは・・

「ジ・ブチル・ヒドロキシ・トルエン (dibutylhydroxytoluene)、別名ブチル化ヒドロキシトルエン (butylated hydroxytoluene)、略称 BHT は有機化合物の一種。

脂溶性のフェノール類であり、主に抗酸化剤として食品添加物として用いられる(E番号 E321)。

また、化粧品・ボディソープ・医薬品・ジェット燃料・ゴム・石油製品にも使われ、さらにエンバーミング剤としても使われる。」(wikipediaから引用)


発ガン性の事実はないとされる一方、疑いを向ける記事も多い。

wikipediaより引用:

--------------(引用)--------------
発ガン性は確認されていないものの変異原性は認められており、さらに催奇形性の疑いがあるために食品に対するジブチルヒドロキシトルエンの使用は問題があるのではないかという指摘がある。日本(1958年)、ルーマニア、スウェーデン、オーストラリアでは食品への使用が禁止されている[要出典]。アメリカ合衆国では乳幼児用食品への使用が禁止されている。ジブチルヒドロキシトルエンの使用を自主的に取りやめている食品会社もある。
--------------(引用ここまで)--------------


(2009-01-24 07:51:09)

TOP