開発日誌 (~2012年)


ワセリンの紫外線予防?効果はない
Wikipedia英語版「Petroleum_jelly」(ワセリン)には、使用例として次の文章が掲載されています。

During World War II, a variety of petroleum jelly called red veterinary petrolatum, or Red Vet Pet for short, was often included in life raft survival kits. Acting as a sunscreen, it provides protection against ultraviolet rays.

【要約】「第2次世界大戦中、ワセリンは『Red Vet Pet』(赤い獣医のワセリン)という商品名で日焼け止めとして利用されており、しばしば救命ボートには救命キットとして常備されていました」

現在のサンクリーン(日焼け止め)の原理は主に2種類

・紫外線を反射する物質(多くは金属)をクリームに配合する
・紫外線を吸収する物質をクリームに配合する

ワセリンは、炭化水素で、金属でもないし、紫外線吸収剤としても効果があるとは予想しにくいのですが、第2次世界大戦中は「Red Vet Pet」は米国で、爆発的に売れたようです。



(2009-01-24 07:51:07)

TOP