開発日誌 (~2012年)


(12)ワセリンの不純物

不純物が含まれていた初期のワセリン



ワセリンは原油を精製して製造されます。

1800年代、ワセリンがはじめて商用利用された頃は、精製技術も現在ほど洗練されておらず、純粋な炭化水素ではなく硫黄など若干の不純物を含むワセリンが主流でした。


ワセリンの不純物


不純物の種類・含有量は、採取される油田によって、かなり差があります。

たとえば、硫黄や硫化水素は原油の代表的な不純物ですが、これらの量によって「スイート原油」「サワー原油」と分けられ、原油の価格も大きく違います。

【原油の段階の不純物の種類】
・水・土砂・金属

【石油やワセリンの段階の不純物の種類】
・硫黄化合物(0.1-3%)
・酸素化合物(0.1-1%)
・窒素化合物(0.1-1%)
・金属化合物(0.001-0.1%)
・ベンゼン、トルエン、キシレンなどの芳香族炭化水素
・不飽和炭化水素(アルケン・アルキン)


硫黄や窒素は、大気汚染の原因


1970年代、日本列島は自動車や工場から排出される排ガス・汚染物質が社会問題となりました。

大気汚染の代表的な汚染物質は次の2成分:

・硫黄酸化物(SOx)
・窒素酸化物(NOx)

これらは石油の燃焼によって生じます。

しかし、本来純度の高い石油ならSOxやNOxは発生しません。

石油に含まれる硫黄化合物や窒素化合物が、亜硫酸ガス(SO2)をはじめとする有害なSOxとなったり、一酸化窒素(NO)や二酸化窒素(NO2)などのNOxとなり、光化学スモッグの原因となります。

現在の日本では、1970年代のような光化学スモッグは少なくなりました。

その理由は、石油精製技術が進歩したことが大きな要因です。


(2009-01-24 07:50:51)

TOP