「顔ワセリン」ブログの始まり
こんにちは。武蔵野ワークスの国分タロウです。



なぜ「顔ワセリン」?


このブログは、ワセリンを徹底解説することを目的に開設しました。

当社では、ベタガードというワセリンのパーソナルケア製品を製造・販売しております。

ベタガードを販売する過程で、多くのお客様にワセリンに対する誤解や「鉱物油だから心配」といったような心配や不安があることがわかりました。

また、ワセリンに関して、明らかにおかしな情報(意図的なものか、たんたる誤解かは別にして)を発信されているサイトが散見されることも開設の動機です。

私は、長年ワセリンの製品開発に携わり、ワセリンを愛用してきました。またベタガードを通してワセリンを使用される多くのお客様に接してきましたし、現在も接しています。

リアルな情報をお届けできると思います。



顔とワセリン


ワセリンに関し、お客様の心配で、もっとも多いと思われるものが「顔にワセリン付けてもいいの?」ではないでしょうか。

顔に付ければ、シミになる・油焼けする・日焼けする・アレルギーになる・かぶれる・湿疹が出る・皮膚呼吸できない・・・などなど多くの心配が寄せられています。

どうなんでしょうか?

絶対にそういうトラブルは起きない・発生しないと断言したいところですが、「副作用0%の薬は存在しない」という事実同様、完全に0%とは断言できません。

しかし、ワセリンは、ことのほかトラブル発症の要因になるケースは、驚くほど少なく、もちろん、顔に付けてもトラブル事例は非常に少ないと思われます。

だからこそ、世界の医療界で多くの皮膚科の医薬成分や薬局の軟膏剤の基剤として採用されています。

しかも、ワセリンは生まれて150年。医薬品成分の中でこれだけ長い期間の実績があり、副作用報告が少ない医薬成分は、珍しいと思います。


  • (2017-07-14)
<< (1)ワセリンの歴史< | >2012年の「ワセリン事典」、引っ越しました >>

[▲page top]