ベタガードの香り = ハーブの香り

ベタガードの香り


ベタガードの主成分はワセリン。単体では使いにくいワセリンに、人の自然な皮脂に近いホホバオイルを加えることでベタベタ感を緩和しました。

ベタガードは、香りの心地よさも特徴の一つ。ベタガードにはローズマリーと月桃精油で香り付けを行いました。


伝統的ハーブ・ローズマリーの精油


地中海沿岸が原産のローズマリーは、古代より医薬品の原料や食品として利用されてきたとってもポピュラーなハーブです。

ローズマリーの人気は現代でも衰えることなく、むしろ、高い抗酸化力がアンチエイジングの分野でますます人気のハーブです。ローズマリーの香りはベタガードの人気の秘密の一つです。


大東島産の月桃(ゲットウ)精油


大東島は沖縄から飛行機で1時間。絶海の孤島です。北大東島では、サトウキビとともに月桃が栽培され島の経済を支える産業の一つになってります。

ベタガードには、北大東島産の月桃精油が配合されています。

ローズマリー同様、薬草のような香りがメインですが、さらに南洋の雰囲気と和的な香り立ちが魅力です。ローズマリーの香りをサポートする目的で配合されています。


砂漠地帯を生き抜くホホバ


ホホバは、アメリカ・アリゾナ州やメキシコの砂漠地帯で自生または大規模栽培されているツゲ科の潅木です。

ホホバの木は、アーモンドに似た実を付けますが、この実から採れるシードオイルがホホバオイルです。

ホホバオイルはスキンケア用オイルや化粧品原料として多用されます。

ホホバオイルには多くの特徴がありますが、最大のメリットは人の皮脂に非常に近くスキンケアとして使用した際、アレルギーなど起こすリスクが大変低いことです。

ベタガードでは、ワセリンのテクスチャー改善のために配合しておりますが、ホホバオイル自体、エステサロンのマッサージオイルや精油のキャリアオイルとして使用されるほどお肌へのメリットが高いオイルです。

  • (2017-07-29)
<< ベタガードの主成分 = サンホワイト (純白ワセリン)< | >ベタガード原材料ポリシー >>

[▲page top]