(22) リップクリームとして

(リップ/唇)リップクリームとして


唇は特別な皮膚。角質層が薄く皮脂腺がありません。そのため油分の補給がなく水分が蒸発しやすいお肌です。


皮膚が薄くて血流が透けてみるから赤い?


唇は通常、赤い色をしています。この理由は皮膚が薄すぎて血流が見えるためです。

「顔色が悪い」というとき、一番変化に富む部位の一つが唇。唇の色の変化が、血流の状態を物語ります。それほど薄いため、唇はカラダの中でもとくに乾燥に弱い部分です。


リップ・唇には皮膚を守る皮脂がない!


全身の中でもっとも薄い皮膚といえるリップ・唇には皮脂腺がありません。リップ・唇は乾燥に曝されやすい場所なのです。


リップ荒れ・唇荒れの原因は?


一般的によく指摘される原因は2つ:

(1)乾燥
(2)ビタミンB群の不足

皮脂腺がなく油分の皮膜に覆われていない唇は、皮膚が薄い上に外界の刺激にダイレクトにさらされるため、唇は荒れやすい部分です。

乾きやすいので、唇をなめる人もいますが、唾液で湿られた程度では数分と持たず、水分蒸発が、むしろもともと唇の水分も誘発しながら蒸発するため、逆に唇の乾燥を促進する悪循環に陥ることもあります。


ベタガードでリップケア


リップクリームとしてのベタガードは、唇をひたすら乾燥と外界の刺激から守るだけです。

ワセリンに薬効効果はありませんが、水分の蒸発を止め、外界の刺激をシャットアウトすることで、その人の本来の治癒力で唇が健全な状態へと戻ります。


食品をスポイルしないローズマリー&月桃の香り


リップクリームとしてのベタガードの優れた点は天然の香りです。

リップ・唇は食べるとき食品に直に接触する部分。多かれ少なかれリップクリームが食品に混じります。

そのとき毒性がない成分であることはもちろんですが、一部の口紅のようにケミカルな香りを感じると食事の楽しさも半減します。ベタガードにはケミカルは成分は配合されていません。

香りは天然のローズマリー精油と月桃精油のみ。どちらもハーブとして料理に使用される植物だけに食品やお料理の香りをスポイルしません。


荒れが進んだ唇は医師に診てもらいましょう


リップクリームとしてのベタガードの役割は、唇の保護のみです。

保護された唇は自然治癒力で健康な状態を維持しやすくなりますが、すでに荒れが進んだ場合は、医師に相談されることをおすすめします。荒れの原因を特定し、適切な医薬品が処方される。

  • (2017-07-28)
<< (23) 乾燥しやすい部位に< | >(21) 全身スキンケアとして >>

[▲page top]